VK8への道 of 天井桟敷 〜海外はパラダイス〜

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


天井桟敷 〜海外はパラダイス〜 since 2009-12-07

またまたオーストラリアへ

キャンピングカーで旅の始まり

海外運用は多くの方が憧れていることだと思います.珍しいエンティティーからの運用やリゾート地のホテルからの運用,お手軽にレンタルシャックからの運用などいろいろな運用スタイルがありますよね.欲張りな私は,「チョットした冒険気分」と「海外運用」どちらとも捨てがたいということで,広大なオーストラリアを4WDのキャンピングカーで移動し,ついでに無線運用も楽しんできました.

オーストラリア(VK)とは相互運用協定があり,2008年より滞在が90日以内に限って事前に運用許可を申請する必要がありません.ただし所有資格が第3級および第4級アマチュア無線技士資格の場合,30MHz以上 10W以下の運用に限られますので,HF帯の運用をするには第2級以上が必要となります.事前申請が不要だなんて,相互運用協定ってなんて素晴らしいんでしょう.
map_00001.pdf

広大なオーストラリア.どこに行こうか迷うところですが,今回はチョットした冒険気分ということで,レッドセンターと呼ばれるオーストラリア中央部のアウトバックを旅することにしました.コースは,南オーストラリア州の州都アデレードから北上してノーザンテリトリーのアリススプリングスまで行き,またアデレードに戻るコースです.できればそのまま北上してダーウィンまで行きたかったのですが,借りたレンタカーのダーウィン営業所が夏期間中は閉鎖されていたので出来ませんでした.アリススプリングスで車を返却することも可能でしたが,飛行機代をなるべく押さえるためにアデレードにまた戻るコースとなりました.

レンタカーは,いつも利用しているのがBritzのキャンパーバンと呼ばれるキャンピングカーです.今回は夫婦2人なので小さめの車ということで,Bushcamperというランドクルーザーをキャンピングカーに改造したタイプをWEBから事前に予約しました.
キャンピングカーには冷蔵庫・ガスコンロ・流しをはじめ、電気ポットや鍋・食器・寝袋など生活に必要なものはすべてそろっています.寝るときには車内は2段ベッドに早変わりです.日本人には自炊はご飯が楽なので,240V用の炊飯器を日本から持参しましたが.
写真1.JPG

持参した無線機はIC-7000.安定化電源はDM-330MV.内蔵スイッチを220V側に変更しておくことを忘れないように.パドルはJA6WIF制作のミニパドル.非常に軽量なので海外運用では重宝しています.キャンピングカーでの宿泊はキャラバンパークです.あまり目立つアンテナは御法度だし,荷物をなるべく減らしたいのもありアンテナはワイヤー系のアンテナとし,14MHzと18MHzはサガ電子のツェップ型ワイヤーアンテナ,その他の周波数はLW+AH-4を使用することにしました.

LW+AH-4ではアースの善し悪しが飛びに反映します.オーストラリアは乾燥地帯なので良いアースが期待できないので,カウンターポイズとして20m長のラジアル線を20本,10m長のラジアル線を10本持参しました.
それと10m長のグラスファイバーロッドです.グラスファイバーロッドは入国時に「釣り竿」といつも説明しているのですが,オーストラリアは海外からの病原菌の侵入を厳しくチェックしているせいか,釣り竿は検査対象になってしまいました.「無線のアンテナに使用していて釣りには使用していない」と説明して,現物を見せたら通関できました.同軸はフジクラの3.5D-SUPERの10m長を3本とMJ-MJコネクターを持参しました.2人分の荷物の総量は着替えも入れて,スーツケース2個とグラスファイバーロッド.重さも30kgくらいと身軽にできました.

アデレードへ

2012年12月20日福岡空港発.香港経由でアデレードへ到着したのが21日.早速レンタカーの営業所までタクシーで行き手続き.事前予約をしていたので簡単に終わりました.近くのショッピングセンターで,とりあえずの飲料水20ℓと食料やビールを大量に買い込んでアデレードの海岸沿いのキャラバンパークへ.キャラバンパークは事前予約をしていなくても,たいていは泊まれるから便利です.電気が車に接続できるPowered siteという場所を借ります.だいたい2人で1泊20〜40豪ドル程度と格安です.たくさんのキャンピングカーが宿泊に来ていて,みんなTVアンテナを上げていたので,TVIがあると困るのでここでは無線なし.
写真2.JPG

12月22日は次の宿泊予定地のポートオーガスタを目指してドライブ.移動距離318km.午後3時過ぎに到着.気温は40℃.日差しは痛いくらい強く,アウトバックへの入口の町らしくなってきました.

スーパーで食料を買い足しキャラバンパークへ.年末の暑い時期にレッドセンターのような暑い場所へ旅行するのは外国人観光客だけらしく,キャラバンパークには車がほとんどいなかったので,まずはビールを飲んでさっそくアンテナ設置.車の横のユーカリの木を利用してグラスファイバーロッドを紐で固定しました.さっそく14MHzのCWで電波を出すとJE1SGHとJA0RUGから呼ばれ,とりあえず電波は飛んでいるようで安心しました.
写真3.JPG

夕食後14MHzで本格的にQSOを開始し,JAを中心に,ロシアやOHなどともQSOできました.VKで聞くHF帯はとにかく静かです.VK国内同士のQSOなども聞こえず,バンドが開けているかどうか聞いただけでは確認できません.たぶんJAからは真南になるのでビームアンテナをそちらに向けることが少ないので聞こえていないだけで,実はかなりの頻度でバンドがオープンしているということを実感しました.
写真4.JPG

12月23日.早朝に目が覚め,7MHzではEU方面が聞こえていたのですが,時間がなく4局だけQSO.アンテナを撤収していよいよアウトバック突入です.
車の燃料を満タンにして,オーストラリア大陸の中央部を縦断するスチュアート・ハイウェイをとにかく北上です.だだっ広い荒野をひたすら時速110kmで走行.天気は快晴で雲一つありません.
写真5.JPG

写真6.JPG
昼食の様子

気温は相変わらず40℃超えです.本日の移動距離は540kmで,午後4時頃オパール採掘で有名なクーバーピディへ到着.街の奥側にあるキャラバンパークへ宿泊することにしました.
写真7.JPG

ここでは2泊の予定ですが,アンテナを広く展開するスペースが無かったので,グラスファイバーにはわせた10m長の垂直LWのみを設置.熱風が吹く中,あまりの暑さにビールとワインをしこたま飲み,夕食のBBQを食べたら眠たくなりダウン.
翌24日はクリスマスイブで祭日.街のお店の多くは閉店していました.午前中は観光をしてスーパーで食料とビールを補給し,午後から無線開始.何も聞こえていませんがバンドが開けていることを期待し21MHzにQRV.JAを中心に40局とQSOできましたが,JAでは449〜559で聞こえていたそうでかなり受信に苦労されたようです.日没がVKでは20時半頃でその後7MHzに出るつもりでしたが,ビールを飲み過ぎてまたダウン.ハハハ・・・

写真8.JPG
オパール鉱山のおじさんと

VK8突入

12月25日はいよいよVK8へ突入です.
写真9.JPG

スチュアート・ハイウェイを順調に北上し,VK5とVK8の州の境界まで来ました.ここを過ぎると1時間ほど時刻を戻すことになります.
写真10.JPG

さらに約80km北上し,そこから西への分岐路へ曲りユララという町へ.エアーズロックリゾート内のキャンプグラウンドが宿泊地です.731kmの移動距離でした.ここには3泊の予定です.

指定された場所へ車を停め,どのようにアンテナを展開するかを思案した結果,車の近くのユーカリの木にグラスファイバーロッドを固定し,18MHz用のツェップ型ワイヤーアンテナと35m長のLWを張りました.BBQの夕食の後,LWから10MHzでQRV開始しましたが,コンディションがいまいちだったのか10局のみのQSOとなりました.
写真11.JPG

翌26日は朝食を作って食べた後,あらためて無線開始.
写真12.JPG


18MHzで電波を出すと,JAからのパイルとなりました.時おりVK2やVK7からも呼ばれ,579程度のレポートでした.結局33局とQSO.JAはまだ平日なので,出ている局が少ないのかな.昼間はウルル(エアーズロック)を観光したのち戻ってきてまずプールで涼み,夕焼けに照らされるウルルをまた見に行ってきた後夕食のBBQ.
写真13.JPG

夕食後LWで7MHzにQRV.JAがメインですがWやVKともでき,33局とQSO.夕方はW方面が開けているようです.

12月27日は朝焼けのカタ・ジュタを見るため,夜明け前から活動開始.
写真14.JPG

朝日が昇った後はカタ・ジュタ内を巡る3時間のウオーキングをして,キャンプグランドへ帰還.プールで涼んでビールで喉を潤し無線開始です.

18MHzでCQを出すとJE2TXEを皮切りに3時間呼ばれ続けました.VKでは相手のシグナルが弱くQSBがあってもノイズが全くないので問題なくクリアに聞こえていましたが,JAでは短い周期のQSBがあり,559〜599とめまぐるしく変化していたそうです.

キングスキャニオンへ

12月28日は次の目的地のキングスキャニオンまで302kmの移動でした.途中の道幅はやや狭くなり,通る車も少なくなってきました.キングスキャニオンリゾートのキャラバンパークサイトが今日の宿泊地です.
指定された場所はリゾートの一番北側の角で,隣に他の宿泊客もおらずアンテナを張るにはベストの場所でした.いつものようにユーカリの木を利用してグラスファイバーロッドを固定し,18MHz用のツェップ型ワイヤーアンテナと35m長のLWを張り,体を冷やすためにまずはプールで涼み,冷えたビールでのどを潤した後に無線開始.
写真15.JPG

14MHzでJA, ZL, FKとQSOできましたが,コンディションは今ひとつ良くないようです.
夕食はいつものようにBBQ.
写真16.JPG

写真17.JPG

日が沈んで3.5MHzで電波を出しましたが,VK3とJAの3局としかQSOできませんでした.VK8で聞く3.5MHzはノイズも無くバンド内は静かで,時おりYBの交信が聞こえることがあるくらいです.
7MHzに上がってCQを出すと,Wからしばらく呼ばれ続けました.外は満月の月明かりのみ.ノートパソコンの明かりが眩しい.遠くにはディンゴと呼ばれるオーストラリアの野生犬が沢山うろついていましたけど.

翌29日は昼食用のおにぎりと6ℓの水をリュックに積めて,朝からキングスキャニオン一周のウオーキングへ.
写真18.JPG

景色の雄大さにただただ感動でした.
天気は快晴,日中はやはり40℃越えで,車に戻った時には6ℓの水はほとんど飲み干していました.

リゾートに戻り,ユーカリの木陰で早めの時間から無線開始です.今日はコンディションがいいのか土曜日だからなのか,14MHzはJAからのパイル.時おりEUからも呼ばれます.
夕食後,10MHzでJAのシグナルが聞こえていたので,このバンドにQRV.すぐさまS9+でJAが呼んできます.パイルの中でも5W出力のJA2AIH/QRPが聞こえるなど,VK8—JAのパスは開けているようですが,このときJA国内同士はスキップしていて互いには聞こえていなかったそうです.
20時を過ぎてくると徐々にJAは聞こえなくなり,パイルも終了.

アリススプリングス

12月30日はアリススプリングスまで333kmの移動.
途中の道路は無舗装の真っ赤な大地.一部は砂地なので4WDの威力を発揮できました.
写真19.JPG
赤い砂煙を上げながら車はまっすぐな道を進んでいきます.

写真20.JPG
途中,ヘンバリー隕石孔という,4000年前の隕石の衝突でできたクレーターを見学し,アリススプリングスの町へ到着.
キャラバンパークで宿泊を決め,街まで食料・飲料水とビール・ワインの買い出しへ.これまでの移動の疲れが出たのか,ビールとワインを飲んで寝てしまい,ここでの無線はなしになりました.


12月31日の大晦日.予定を変更してアリススプリングスから西方の,ウエストマクドネル国立公園の方へ向かうことにしました.
写真21.JPG

途中の景色を堪能したりしながらグレンヘレンリゾートへ.移動距離はわずか169km.
写真22.JPG

リゾートと言っても宿泊はいつものPowered Camping siteです.
プールで涼んでビールを飲んで,アンテナ設置・・・あれ? 近くに適当な木がないなぁ・・・と言うことで,グラスファイバーロッドは車の丈夫なバンパー(カンガルーバー)にビニール紐でくくりつけました.これが結構丈夫で倒れる心配も無し.今夜1泊なので10m長のLWのみにしました.さっそく21MHzでCQを出すけどJAと7局としかQSOできませんでした.
写真23.JPG

夕方からはNHKの海外放送で紅白歌合戦を聞きながら夕食を食べ午前0時に花火が上がるのを見て就寝.

復路—アデレードへ

1月1日.アデレードへの帰路の開始です.
写真24.JPG

途中,ツノララ(ゴッセブラッフ)という1.5億年前の彗星衝突でできたクレーター内を散策し,あとはスチュアート・ハイウェイをひたすら南下するのみ.

731km走ったところで夕方になってきたので,マーラという小さな町に到着したところで宿泊することにしました.
写真25.JPG

昨日と同じようにグラスファイバーロッドは車のバンパーに固定し,7MHzでJA, W, ZL, VK6, VK6, OH, IとQSO.発電機のノイズか,ややノイズがあったので受信に苦労しました.夜空は満天の降るような星空でした.
写真26.JPG

1月2日もひたすら来た道を南下するのみ.探査機「はやぶさ」が帰還したことで有名になったウーメラに泊まってみようということで,そこまで609km移動.
ウーメラは小さな町ですがミサイル実験場のために作られた町なので,公園にはロケットやミサイルがたくさん展示してあり楽しめました.
写真27.JPG

キャラバンパークは町の入り口にあり,無線にはロケーションも良かったです.他にもう1組しか宿泊客がいませんでした.
VKの旅でQRVする最後なので,10m長のLWをグラスファイバーロッドにはわせGPのように,また20m長のLWも張り3.5MHzにも挑戦することにしました.
夕食の後,夕日が地平線に沈むのを見て無線開始.3.5MHzではJA4FHEのみしかQSO出来ませんでした.残念.その後10MHzに上がると,JAやWから呼ばれ続けました.やはり20時頃は10MHzのJA—VKはパスがいいようです.
写真28.JPG

VK5は夜明けが5時前.3日の日の出後,7MHzを聞くとEUが聞こえていたのでCQを出すとEUからのパイルとなりました.
強い朝日が照りつける中7MHzでEUのパイルをさばくなんて,日本ならこんなに明るくなるとDXはフェードアウトしてしまうのに,なんか変な気分でした.

アンテナ撤収の後,アデレードへ向け498kmの移動.午後にはアデレードへ到着できました.
ずっと荒野を走ってきたせいで、やはり都会だなと感じますね.初日に宿泊したキャラバンパークは,年明け後の休日を楽しむオージーのキャンピングカーで満員.でもなんとか宿泊できました.すぐそばの海岸で海水浴をして,最後のVKの午後を満喫しました.夜は機材一式をパッキング.


1月4日の朝にレンタカーを返却.総移動距離は約4500km.よく走りました.アデレード空港から香港へ.香港で1泊して5日の夜に無事に福岡空港に戻ってきました.日本はなんと寒いんでしょう.

おわりに

結局VK5での運用では204局,VK8での運用では298局と交信できました.キャンピングカーがあればVK国内はどこにでも移動可能です.次回はどこの田舎町から電波を出そうかなともうすでに心は次回へ向いています.今回QSOしていただいた皆様に感謝です.

最後に安全情報です.VKの荒野では当然携帯電話は使えません.今回は衛星携帯電話イリジウムがあり安心でした.また,死亡事故などの緊急時には車に備え付けられたGPS発信器を使うと,国内どこでもレスキューがヘリで救出に来るとのことでした.
旅行の途中で2度,車が道からはずれレスキューが救出している姿を見ました.単調な道が続くので,居眠り運転にはくれぐれも注意が必要です.
車の燃料は常に満タンに.できれば予備タンクも必要です.今回のレンタカーは予備タンク付きの車でした.



お勧め度:★★★★★

VK8.jpg

JA6REX/VK5  JA6REX/VK8

JA6REX/VK5 南オーストラリア州からの運用
JA6REX/VK8 ノーザンテリトリーからの運用

カード